パートとアルバイト、どんな違いがあるのか

パートで働こうかと考えている主婦の方も多い中、アルバイトとパートは同じ様な条件で求人を掲載されていて、違いがわからないという人も多くいます。

パートとアルバイト、どんな違いがあるのか

パートとアルバイト、どんな違いがあるのか パートで働こうかと考えている主婦の方も多い中、アルバイトとパートは同じ様な条件で求人を掲載されていて、違いがわからないという人も多くいます。パートは厚労省のホームページではパートタイム労働者と定義していて、パートタイム労働法という法律もります。パートとは短時間労働者とも言う事があり、1週間の所定労働時間が一緒に働いている同じ事業所に勤めている人よりも短い人の事を表しています。

パートタイム労働法では、1週間の所定時間が同じ事業所に勤めている人よりも短い労働時間という条件にあてはまる人は全員対象となるので、パートタイマーと呼ばれていても、アルバイト、契約社員、臨時社員と呼び方がわかれていても、法的に分類的は一緒です。

一般的には、アルバイトは学生やフリーターなどの一時的に働く場合に使われていて、パートは長い間仕事を続ける前提で使われています。アルバイトは短期間、パートの場合には長期間まるで就職するぐらいの期間で働くというイメージで分けられる事もありますが、アルバイトもパートも法的には同じで、週で働く時間や年間や月間などの労働時間もパートの場合には長く設定されています。法的には分かれていますが、実際には正社員と変わらない業務内容を毎日長時間働いているパートの人もいて、待遇が問題になっている事もあります。

おすすめ情報



Copyright(c) 2019 パートとアルバイト、どんな違いがあるのか All Rights Reserved.