パートとアルバイト、どんな違いがあるのか

専業主婦などの方などは、空いた時間を有効的に活用するためパートで働く人も多いです。

パート面接での否定的な答えの避け方

パートとアルバイト、どんな違いがあるのか 専業主婦などの方などは、空いた時間を有効的に活用するためパートで働く人も多いです。そんなパート仕事ですが、やはり仕事をするためには面接をして合格しなくてはいけません。面接ではその人の人柄や真面目さなど、会社にとって働いてもらうのにふさわしいかどうかをチェックされる場所になります。その為、面接の受け答えはとても慎重に丁寧に答えることが大切です。そんな中で、質問の内容によっては断るような答え方をしなくてはいけない場面も出てきます。例えばパートで働いた場合残業はできますかといった質問です。もちろん限られた時間で働くため、なかなか残業は難しい人は多くいます。

だからといって、残業はできませんと正直に否定的な内容で答えてしまうのは避けるべきです。もちろん正直な答えではありますが、順応性が掛けると判断されてしまいます。答え方の例として、仕事時間内で作業を終わらせて残業にならないように努力したいと思います、といった回答や、毎日の残業は無理ですが、1日や2日程度は都合をつけられると思います、といったような回答です。最終的には残業は難しいというのが相手にも伝えられ、しかも全面否定をしているわけではないので仕事をするための努力をしようと知る姿勢が受け取れます。返答しだいで色々な印象を与えるため、否定をするさいもしっかり考えて答えるようにするのがポイントです。

おすすめ情報



Copyright(c) 2019 パートとアルバイト、どんな違いがあるのか All Rights Reserved.