パートとアルバイト、どんな違いがあるのか

仕事の求人などに対して応募をする場合、最初は履歴書を送付して書類選考となります。

パート面接での香水について

パートとアルバイト、どんな違いがあるのか 仕事の求人などに対して応募をする場合、最初は履歴書を送付して書類選考となります。無事に書類選考が通過すると、次は面接試験が待っています。求人をだした会社にとって、履歴書では分からないその人のやる気や人柄などをチェックして、働いてもらうのにふさわしい人かどうかを見ていきます。その為、やはり印象をよく見せるためにも面接の際のみだしなみには注意が必要となります。しっかりと身だしなみを整えて、面接にふさわしい服装で挑むことが基本です。

そんな面接の際によく見落としがちな点として、実は香水があります。普段の生活のなかで香水などを愛用している人はとても多いですが、面接の時に普段と同じ感覚でつけていく人は多くいます。ですが、実は面接での香水は避けるべきポイントです。パートの仕事内容が飲食店の販売員や食品を作る工場だった場合など、香水をつけてくること自体禁止されています。その為、面接の時にその点の配慮もなく香水をつけているだけで不採用な場合もあります。体臭などはエチケットととらえる人は多いですが、面接の時は香水はつけていかないように注意することが大切です。汗の匂い対策程度にし、香水の香りの強さや弱さに限らず基本的に無臭で面接は受けるのが良いです。


Copyright(c) 2019 パートとアルバイト、どんな違いがあるのか All Rights Reserved.